思春期ニキビ 思春期ニキビ 保湿

思春期ニキビができる原因から改善!ニキビを作らない正しい保湿の仕方がコチラ

更新日:

思春期ニキビ,保湿の仕方

正しく保湿するとニキビの原因となる皮脂が出るのを抑えれるから、思春期ニキビの原因を元から改善できます。

でも、正しい保湿ってどうやるの?今まで保湿ケアしたことあるけど効果なかったけど…

 

だからこそ、ニキビの原因を元から改善できる正しい保湿方法を知りたい!

という方向けに、思春期ニキビの原因から改善できる保湿ケアの方法をまとめた記事です。

 

関連記事

女性の思春期ニキビができる原因がコレ!原因がわかれば改善策を導くのは簡単!

 

実は、保湿って難しい!普通にやれば保湿は失敗するだけです。

漠然と化粧水でパシャパシャするのが保湿だって思ってるなら、それは大きな間違いだし、そんなケアを何回やっても保湿なんて絶対にできないから、最初に保湿のホントの意味を知りましょう。

正しい保湿とは、肌が本来持っている「みずからうるおう力」を生かし、うるおいを保つバリア機能をサポートできるよう、肌環境を整えることです。

スキンクリニック藤枝 院長 小野健太郎先生

 

その為に、必要なことはうるおいを保つバリア機能をもつ角層の環境を整えることが必要なんです。

その為に必要な保湿ケアを下にまとめたので今日からでも実践しましょう!

 

正しい保湿ケアでバリア機能を整えよう!今すぐできる3つの保湿ケア

でも、ここまでの説明を見ると単純に難しそうですよね。。。

それに、簡単にできるならからこそ、エステとかの需要があるわけなんだけど、自宅でもできる基本的な保湿ケアもあるから参考にしてください。

 

洗顔は肌に負荷を掛けないように優しく

洗顔のしすぎって肌に必要な保湿成分を失うことに繋がるんですね。

それに、学生の時にって、皮脂が過剰に出るし、部活とか体育の授業で汗をかいちゃうから必要以上に洗顔をしがち。

 

 

また、泡立てない洗顔、スクラブや刺激性の強い洗顔料を使うことで肌に必要以上の負荷がかかります。

その結果、肌のバリア機能の低下を招き肌の水分バランスが乱れを招きます。

 

 

それを防ぐにためにも、しっかりと泡立てて刺激の少ない洗顔料で優しく洗いましょう。

 

 

洗顔・入浴後は急いで保湿

洗顔をした後って肌が乾燥してる状態だから、急いで保湿をして水分を補い肌の保湿ケアができる準備を整えます。

その後、美容液、乳液などで保湿成分、油分などを補います。

 

 

化粧水をなじませる際、コットンを使うとコットンの繊維が角層を傷つける場合があるから、清潔な手の平で直接肌に馴染ませても良く、手の熱で温める事で成分が浸透しやすくなるってメリットもあるそうです。

 

 

角層のために保湿、保護成分を補給する

角層を保つには、角層そのものを育てて成熟した状態を保たないといけません。

それを実現するには、角層のうるおいを皮脂のバランスを整える必要がありますが、これらの機能に近い働きをする成分を化粧品で補いましょう。

 

 

しかし、これをいきなり実現するって難しいですよね。

そこで、ニキビに悩む女子高生におすすめなのがリノール酸って保湿性の高い成分を含んだ洗顔料がおすすめです。

その中でも古い角質を柔らかくして洗い流すサリチル酸も同時に配合されている洗顔料を使えば、古い角質を除去してリノール酸の浸透を助けてくれるから思春期ニキビを治す、予防するを同時にできる理想的なニキビケアができるよ。

 

 

その理想的なニキビケアが出来る洗顔料の詳細は下の記事でまとめたよ。

 

→ もう、おでこのニキビが気にならない!部活に励む女子高生の思春期ニキビを根本から治せる洗顔料が有能すぎる!

 

 

関連記事

保湿性が高いリノール酸で思春期ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑える

 

 

関連記事

思春期ニキビは保湿しないと治らない!?知らないとヤバい…思春期の肌の保湿の重要性とは?

-思春期ニキビ, 思春期ニキビ 保湿

Copyright© 子供 ニキビ ひどい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.